スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たまだれの滝、愛妻の丘
- 2015/10/31(Sat) -
10月25日(日)
今日も、お天気快晴!
近場の湯の丸まで紅葉狩りに。
たまだれの滝の駐車場の紅葉が綺麗だった。
滝の水は少なめ。

s-091_201510311456464e9.jpg

s-084_201510311456442d3.jpg

s-080_20151031145642eb5.jpg

ランチは鹿沢休暇村のレストランで
カラマツの黄葉が美しい!!

s-115_20151031145649905.jpg

s-117_20151031145732af0.jpg

久しぶりに愛妻の丘へも

s-194.jpg

s-193_20151031145733299.jpg

s-198_20151031145735799.jpg

動画で嬬恋の秋を感じてください。



スポンサーサイト
この記事のURL | 嬬恋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記
- 2015/10/31(Sat) -
10月24日(土)

s-242_20151031142438c54.jpg

s-227_20151031142429b34.jpg

s-233_20151031142434a9c.jpg

s-238_20151031142436283.jpg

朝からよいお天気、遠出をしたいんだけど、昨日照葉峡へ寄って来たので、
今日はおとなしく山荘でいろいろ・・・
朝一番に池に釣りに行って、ニジマス釣り。
水曜日のこひつじのランチ用にあと5匹釣るぞ!!
無事ノルマ達成。
もう池にはニジマスはほんの数匹。
釣った中に、背中をアオサギか何か大きな鳥に食べられた跡のあったニジマスが1匹いた。
これは夜にムニエルにして感謝していただきました。

午後は、パパさんはTVのアンテナ取り付け。
私は、シンガポールの画像整理。
天窓のそ掃除もしました。

夕方早めに温泉「かくれの湯」へ
北軽は今紅葉本番

この記事のURL | 嬬恋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
照葉峡
- 2015/10/26(Mon) -
10月23日(金)
2時半に照葉峡到着。
あいにく今日は曇り空。
照葉峡についたとたん、太陽が顔を出した(ラッキー!)
でも、午後なので太陽が山に隠れて、渓谷までは日が差さない。
昨年は27日来たけど、もう少し紅葉残っていたのに、今年は早いようだ。
デジブックにしました。


4時に水上IC~月夜野~中之条経由で嬬恋入り。
途中の長野原でテディさんおススメのお店「かない亭」で夕飯
7時に到着した時の室温は9度でした(寒っ!)
薪ストーブ全開!!
この記事のURL | 嬬恋 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
西川扇巳袴
- 2015/06/08(Mon) -
2015年


2014年


この記事のURL | 今日の感動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
由布島
- 2015/05/20(Wed) -
4月25日(土) 曇りのち晴れ
楽しかった西表島も今日でお別れ、3泊お世話になった「ままやさん」ありがとう!
近いうちにまた来ますね~。
ままやのママさんと記念写真

s-170_20150520143703451.jpg

8時10分の路線バスで最後の観光、由布島へ。
バスは、手を上げればここの前から乗れます。とっても便利。
9時前に由布島入り口に到着。水牛車のチケットを買って、9時発の一番に間に合った。
水牛さんは、朝ごはん中

s-173_20150520143704a7f.jpg

乗客は私たちふたりだけ、貸切です。
島唄を三線で歌うサービス付き、もちろん安里家ユンタでした。
帰りは、新米のお兄さんだったんで、まだ三線が弾けず、みんなで生オケで「花」を歌いました。
今の時間は干潮なので隣りを、由布島の従業員が長靴を履いて歩いて通勤中

s-175_201505201437062b8.jpg

由布島観光今日の一番乗り、園内は、ただ今従業員が開園準備中で大忙し。
だあれも居ない園内を、心行くまでゆっくり観光できました。

由布島は島の周囲約2.1Km、海抜1.5mというとても小さな島です。
由布島と西表島の間の海は約400m、遠浅で満潮時でも1mほどにしかなりません。
そのため、観光用の移動手段として水牛車が利用され、観光名物になっています。
所要時間は約15分。潮風を感じながらのんびりと水牛車に揺られていると、とてものどかな気分を味わえます。
水牛は、もともと台湾から連れて来られたひとつがいが繁殖して現在に至ると云われていて、2匹の水牛の記念碑もあります。島全体が亜熱帯の樹木や花々が植えられている植物園になっていて、レストランやパーラー、売店もあり、ゆっくりくつろぐことができます。(ネットより)

とっくり椰子の林

s-179_20150520143707dec.jpg

マンタ浜もひとり占め

s-189_20150520143708f7a.jpg

ブーゲンビレア園、セルフタイマーで。

s-198_20150520145802604.jpg

蝶々園があり日本最大級の蝶、オオゴマダラがひらひら飛んでいます。
アサギマダラもいました。

s-207_2015052014580341e.jpg

オオゴマダラの蛹は金色です。

yubujima_16.jpg

羽化したばかりの蝶と、その下の羽化前の蛹

s-210_2015052014580508f.jpg

9時から11時過ぎまでのんびり観光して、11時半の水牛車で帰ります。
その頃には、ツアーのお客さんが来て、水牛車もラッシュアワー

s-216_201505201521420de.jpg

s-211_20150520145806f05.jpg

バスを待つ間に、売店で出来立てほやほやのジューシー(沖縄風炊き込みご飯)でお昼ご飯
海草が沢山入って、今まで食べたジューシーの中で一番です。

s-224_2015052014580743a.jpg

大原港12時発の船に乗り、1時過ぎに石垣港着
石垣出身の有名人と記念写真を。

s-225_20150520151354c44.jpg

石垣空港での最後の〆は、やっぱりこれ^^;

s-DSC_0020.jpg

那覇乗換えで夜10時ちょうどに成田に帰りました。
あっという間の楽しい楽しい5日間の石垣・西表島の旅でした。
この次はいつ行けるかな・・・・
この記事のURL | 石垣、西表 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
西表島 最後の晩餐
- 2015/04/30(Thu) -
しげた丸ツアーから帰り、シャワーを浴びて、広縁でゆっくりティータイム
海風が気持ちいい~~♪

s-161_2015043019400908b.jpg

s-160_20150430194008c3f.jpg

s-157_201504301940062b9.jpg

今日は西表最後の夜、キャンパーさんを誘って、キャンパーさんおススメの居酒屋へ
まだ早いし、冷たいビールがあるんで、一杯飲んでから行こうということになり、「かんぱ~い!」

s-165_20150430194012a96.jpg

星砂の浜の入り口ある居酒屋「いるむてぃや」

s-c0118393_1235069.jpg

店内は板張りの堀こたつ式になっていて、全40席と広い

s-c0118393_1253891[1]

海が見える最高のロケーション
夕陽を見ながら、もう一度「かんぱ~い!」
泡盛の種類もいろいろあって、2種類を1合ずつ

s-201504_25_06_c0222206_12474961.jpg

タコのから揚げ

s-201504_25_06_c0222206_12475832.jpg

島豆腐のサラダ

s-201504_25_06_c0222206_12481650.jpg

エビのプリプリ揚げマヨネーズ

s-201504_25_06_c0222206_12480885.jpg

手羽先チキンとイカげそのから揚げ

s-201504_25_06_c0222206_12482686.jpg

みんな美味しかった。
話もはずみ気がついたら10時前、ままやさんに電話して迎えに来てもらいました。
楽しい、美味しい、西表最後の夜でした。
この記事のURL | 石垣、西表 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
しげた丸おもしろツアー
- 2015/04/30(Thu) -
4月24日(金) 晴れ
昨夜早めに寝たので6時前に目を覚ます。
風も無く穏やかな夜明け。今行けば、星砂の浜で海から上がる朝陽が見られるかも?
テディーさんは、まだぐっすりなので一人で行くことに。
浜辺に着いて、少ししたら陽が昇って来た。
浜に居るのは私だけ。
あいにく雲がかかっている。雲の間から見えた朝陽

06:13
s-137_20150430174308c27.jpg

06:23
s-139_201504301737274a6.jpg

目の前をオレンジの鳥が飛んだ!
もしかして、リュウキュウアカショウビン?
声を録音して鳥に詳しいだっくさんに聞いたら、間違いないと言った。
初めて観たオレンジ色にも感動したけど、なによりその鳴き声に感動した。

その時の動画です。声を聴いて。



民宿に戻って、朝食を食べ、9時半迎えのしげた丸を待つ。

s-142_201504301737294b1.jpg

しげた丸のおもしろツアーは、昨年10月に参加して大ファンになった。
シュノーケリングだけで無く、マングローブクルーズや陸の孤島「船浮」集落の散策もある。
送迎&お弁当つきで一日遊ばせてくれて、シュノーケルセットを借りて7800円
シュノーケルの場所も、大きい船で行くので深いところ。
一昨日の白保の海とは違って、テーブルサンゴの種類が豊富。
もちろん、浅いところもあるので、そっちには色とりどりの枝サンゴが、魚の種類も豊富。
前回は、深いところで大きな海がめにも遭遇した。

s-191_20150430173733aac.jpg

s-149_20150430173731fa6.jpg

昨年の動画あるので観てください。



今回の参加者は、私たちを含めて7名。ちょうどいい人数かも。
最初に、船浮湾で小さなボートに乗り換えてクイラ川の支流へ、マングローブを観に。

s-288_20150430173815e8e.jpg

s-279_20150430173814970.jpg

昨日の浦内川と違って小さい川なので、手の届く距離

s-278.jpg

船に戻って次は船浮集落を散策

s-214_20150430173734c1a.jpg

東郷平八郎上陸の地

s-215_20150430173811dcd.jpg

小中合わせて6名の小学校
船浮は、陸からのアクセスができないので、統合はできないと。

s-155_20150430183058d6f.jpg

港には、海上タクシー

s-156_201504301831006e9.jpg

さあ、お楽しみのシュオーケリングだ!
残念ながら、私のカメラでは海の中は無理。
同じツアーに参加した人の動画を観てください。これと全く同じです。
でも、実際はこの何倍も綺麗です。




この記事のURL | 石垣、西表 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
浦内川ジャングルクルーズ
- 2015/04/29(Wed) -
s-201504_23_06_c0222206_16435627.jpg

午前中星砂の浜でゆっくりして、ままやに戻って、ママさんに浦内川の船着き場まで車で送ってもらう。
午前中の早い時間だとツアー客がいっぱいなので時間をずらす。
これが正解、なんと11時半発は、私たちのふたりの他にお兄さんひとり、たったの3人だけです。
動画を観て下さい。



サキシマスオウの木
この根は「板根」と呼ばれ、大きなものは船の舵に使用したようだ。
西表島にはこの木がたくさんあります。船から観たのはもっと大きかった。

s-121_20150429215617b9d.jpg

来る時のバスで一緒だったロンドンさんに再会、この後も2度会いました。

s-122.jpg

マリュウドの滝 展望台から、滝には下りられません。
この先でUターンして船着場へ。

s-124_20150429215621ace.jpg

遊歩道の側には、こういう小さな滝がたくさん

s-127_20150429215623730.jpg

木登りとかげ

s-128_20150429215625cf6.jpg

この先で、目の前を突然、何かが横切って飛んだ!!
あれは絶対、「イリオモテヤアネコ」に違いない。
私は音だけだったけど、前を歩いていたテディーさんは、姿を確認。猫のようだったと。
その後に会ったガイドさんに話したら、「先日も観たという人がいたから、間違いなくそうでしょう」
「もう宝くじは買わない方がいいよ。ツキをつかってしまったから」と遊覧船のお兄さん(笑)

s-130_20150429215652764.jpg

帰りもママさんに迎えに来てもらって、途中のパイナップル屋さんに寄って、今が時期の「ピーチパイン」をゲット
早速、部屋で食べました。奥の小さいが50円、手前2つが100円。安いけど、甘くて美味しかった!

s-201504_23_06_c0222206_16435734.jpg

ひと休みして3度目の星砂の浜へ

s-094_20150429220157704.jpg

お昼は山で、朝の残りのパンで軽くしたので小腹が空いた。
今日の夕飯はままやで6時半。それまで待てないので、星砂レストランで八重山そばの焼そばを食べました。

s-131_20150429215654954.jpg

この後、テディーさんは、海を眺めながらスマホ三昧
私は、主のいない木陰のハンモックでお昼ねタイム。
浦内川のバス停で出会ったキャンパーさん、5時のバスで帰ると言っていたなあ。
それまで1じかん拝借します。海風に揺られ、とっても気持ちがよかった~♪

s-070_20150429220401b5d.jpg

帰って来たキャンパーさん「あらあら、いるよ」(笑)

s-132_20150429215655d9a.jpg

今日も楽しい一日でした。
この記事のURL | 石垣、西表 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
星砂の浜 その2
- 2015/04/29(Wed) -
4月23日(木) 晴れ
お天気は良くなって青空だけど、風が少し強い。
今日の予定のシュノケリングは明日にして、今日は午前中、星砂の浜でのんびりし、午後は浦内川ジャングルクルーズに行くことにしました。
昨日の夕方来た時は干潮、今朝は満潮、景色が違います。
やっぱり、満潮の景色の方が素敵!

s-096_20150429204602a93.jpg

s-092.jpg

s-102.jpg

浜辺に下りて、星砂を探そう・・・と思ったけど、ここの砂を袋に詰めて、
子どもたちにその砂の中から星砂を探させようとひらめきました^^;

s-104_20150429204053ff8.jpg

s-105_201504292040546af.jpg

のんびり~ゆるり~ 冷たいジュースでのどを潤します。
だあれもいない星砂の浜を眺めながらのティータイムは最高~~~!!

s-110_201504292040561f2.jpg

s-111_20150429204133eb1.jpg

もっともっと素敵な景色を見てもらいたくてデジブックにしました。
観てください。
この記事のURL | 石垣、西表 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
西表島 星砂の浜 その1
- 2015/04/29(Wed) -
民宿でひと休み後、早速歩いて10分の海の綺麗な星砂の浜へ
今は大潮で引き潮の時、2枚目の昨年の画像と比べると・・・でも、次の日の朝は満潮、綺麗でした!

s-063_20150429141243ce6.jpg

s-299_20150429142727321.jpg

s-057_20150429141240cac.jpg

s-066_20150429143344194.jpg

テッポウユリがあちこちに沢山咲いていて綺麗です。

s-069_20150429141246a77.jpg

近道のためキャンプ場を通ったら、テントが一つ張ってありました。
年頃は我々くらいのキャンパーさんがひとり、夕飯の用意をしてました。
テントのそばに気持ちよさそうなハンモックが下がっていたので、早速使わせてもらいました。
キャンパーさん、山形市から来ていて、奥様が3年前にガンで亡くなられて、今はあちこち世界中ひとりでキャンプをさえているとのこと。このキャンプ場は15年ぶりとのこと。カヤック&テント一式、全て宅急便で送ったと。
今日で5日目?この後は日本最南端の島「波照間島」へ行くと。
私もこういう生活好き。男だったら絶対してる。今日からはあなたのこと師匠と呼ばせて戴きます(笑)
師匠とは、この後も滞在中いろんなところで何度も会いました。

s-073_20150429141745ea6.jpg

s-074_20150429142135794.jpg

お邪魔しました。
夕飯ごゆっくりどうぞ。ちなみに夕飯のメニューは「マーボー丼」でした。
美味しそう~!

s-076_201504291443084eb.jpg

私たちは戻って民宿のそばのダイニングバー「くくるくみ」
おしゃれな外観、室内も素敵です。

s-089_20150429145759622.jpg

s-079_201504291413383e1.jpg

素敵な西表島にかんぱ~い!!
付きだしのじーまみ豆腐がグッド!

s-080_20150429141339586.jpg

石垣牛のにぎり

s-082_201504291413408b2.jpg

アバサー(ハリセンボン)のから揚げ
身は少ないけど、ついていた肝が美味しかった。

s-083_20150429141341c2a.jpg

パパイア、ゴーヤ、生ハムのサラダ

s-084_201504291417475c3.jpg

小イワシの天ぷら

s-085_20150429141748eb9.jpg

全て美味しく戴いて、真っ暗な道を千鳥足でお宿まで帰りました。
借りてきておいた懐中電灯が役にたちました。
今は新月なので本当に真っ暗なのです。
懐中電灯がなかったら、歩道の植え込みに衝突していたかも(笑)
今日も充実した楽しい一日でした。
この記事のURL | 石垣、西表 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。