FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブログを読んで下さる皆様へ
- 2009/12/29(Tue) -
30日から6日まで嬬恋
ネットに繋がらない山の中ですので
香港日記しばらく更新できません(涙)

7日以降に更新する予定ですので、
どうぞまた遊びに来て下さい。

更新もホンのまれな拙いブログを覗いて下さる皆様
本当にありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

画像は、香港の桜と言われている花【バウヒニア】です。
10月から3月、暑くなるまで咲いているそうです。
この時期、あちこちで沢山見かけましたが、
そうは言っても、香港は緑が少ないので・・・

香港の旗のモチーフになったり、コインに使われたり、
香港では最も身近な花だそうです。
九龍塞城公園では、この花の下で花見をする人たちが多かったです。
ちょうど日本の桜の花見のように・・・
気候も同じくらいでした。


s-写真00138

s-写真00016

s-写真00015

スポンサーサイト
この記事のURL | 香港 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
スターフェリー
- 2009/12/25(Fri) -
2日目
今日はツアーに付いている観光
2つのプランの中から、私たちは「乗り物観光プラン」を選んだ。
ホテルでまで現地添乗員が迎えに来てくれる。朝8時10分集合。
昨夜深夜の2時近くに着いて、今朝は8時とは、もちろん、朝食は付いてません。
食事は今日の昼のみ。昨日の夕食は機内食、
普段はお腹の空かない私でも、なんかお腹が空いたなあ~。
ホテルをいくつか回ってピックアップしていく。
私たちが一番最初、全部で28人とか言っていた。
バスに乗ること1時間弱、最後は、朝食付き(お粥)の人たちの店の前で団体さんを待つことに。
えっ、それはないよ! 私たちは朝飯抜きなんだよ~!
何か、調達しなければ。「わたし、ちょっと降りて何か買って来る」
2軒隣りにセブンイレブンがあった! 飛び込み、何か食べるものを探す。
目の前に肉まん、小ロンポウらしきものがあった。
何だかよく分らないけど「ここからここまで一つづつ下さい!」と指を差す。それとお水。
温めてくれているのを待ってると、付き添いのカメラマンさんが着てくれて
「急がなくていいよ。おつりはもらったか?」と心配してくれる。
このカメラマンさんは、道路を渡る時なども本当によく面倒をみてくれた。
だから、最後の写真をみんな買ってあげた。
バスの中でそれらを食べて、やっと落ち着いた(笑)
他にも朝飯前の人たちがいて、羨ましがっていた。
悪いことしたなあ。でも、お腹空いちゃったんだもの。ごめんね。
彼らは、フェリー乗り場でパンを買った^^;


s-写真00026

スターフェリー
私たちが乗った路線は観光客がよく使う尖沙咀(チムシャツィ)と
香港島側の中環(セントラル)を結ぶ航路
2階席が1等で2.2HK$(日本円で30円位)1階席が2等で1.7HK$
古い船だけど、ペンキの臭いやエンジン音が懐かしい~!
子ども頃によく乗った渡船を思い出した^^;
海の匂いは? 
潮の香りとは?言えず、なんかお風呂の残り湯の臭いという感じ^^;
香港は東京の広さの2分の1、そこの700万人が住んでいる。
下水処理も大変だろうなあ。
それでも、ビクトリアハーバーの行き交う船を観ながらの10分足らずの船旅は、
まさに香港という感じで楽しかった~♪
香港映画で観た時は、もっと広い感じだったがした。
だいぶ埋め立てが進んだというから昔はもっと広かったんだろう?


s-写真00029

手前の2つの建物は船着場、向うに見えるシドニーのオペラハウスに似た建物は
香港会議展覧中心(香港コンベンションホール)
アジア最大規模と最新設備を誇る国際会議場で1997年7月1日香港返還式典の会場です。


s-写真00010

尖沙咀・時計台
1915年に建設された尖沙咀(チムサチョイ)にある時計台で、
香港を象徴する建築物のひとつです。
かつて鉄道の終着駅で、尖沙咀駅に隣接するように建てられ、
香港から大陸、そしてロシアを抜けヨーロッパを結ぶ列車の出発点でした。
何でも、ロンドンのビッグベンと同じ会社の制作とか
ビッグベンのような音はするのかな?
あの、ギンゴーンガン~♪聞きたかったなあ~


「乗り物観光ツアー」のスライドショーも観て下さい。
スライドショーへ
この記事のURL | 香港 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ホテル 
- 2009/12/23(Wed) -
ホテルに着いたのは深夜1時半、
ホテルは、ここのページを見てください

パリの風景の絵なんかあって、なかなか素敵なホテルでしょう~♪
部屋の画像です。


s-写真00179

s-写真00180

s-写真00181

s-写真00182

どうして、このホテルがあの値段で???

理由は、ここにありました^^;
実は、ここの窓、全面擦りガラスで開きません。
何故?
ホテルの案内を見たら、鍵の手に部屋が並び、
開けたら他の部屋が見えちゃうから・・・
だから、この部屋は開閉厳禁、擦りガラス。
これが超安ツアーのもう一つの理由?
でも、寝るだけだからこれで十分^^;

ホテルで一つ、ハプニング
冷蔵庫のビールを飲もうとしたら、瓶ビール、栓抜きが無い!
パパさん、何ともできない(涙)
しょうがない、私が何とかしなくては・・・
深夜2時だと言うのに、一人エレベーターに乗ってフロントへ

「栓抜きが無いんですけど・・・」もちろん、英語で^^;
「トイレット、フォーン・・・」
えっ、???
トイレにある電話で言え!って言うの?
そんな・・・
部屋に戻って、パパさんに言うと、
「もう開けたよ。トイレの電話の側に栓抜きがあった。」
でも、どうして、便器の側にあるのだろう~^^;
その画像です。
一つ覚えました。
外国のホテルでは、栓抜きはトイレにあると(笑)


s-写真00184




この記事のURL | 香港 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
香港超格安ツアー一日目
- 2009/12/23(Wed) -
9月の軽井沢の「はぷにんぐぅ~♪」
(初めての人はまずそちらから見てね)
出会ったウィー夫妻に会いに香港へ
新聞で見つけた超格安ツアー、なんと、3泊4日で17800円、
これに空港税とサーチャージを加えても、4人で10万でした。
どうしたら、こんな値段が出るのだろう?
今回は、この疑問のリサーチも兼ねて、しっかりリポートしたいと思いましたが、
やっぱり、文章の苦手な私には・・・ダメでした。

4日と言っても、正味2日間、3泊2日です(笑)

1日目、成田出発、午後6時 30分遅れて無事飛び立ちました。
飛行機はデルタ航空、シアトルからの便でした。
まず、最初に戸惑ったこと。
チェックインが全て自動、これには参りました~。
他の航空会社はちゃんとカウンターがあって、今まで通りに人対人なのに、
ここは全て自動、機械のみ。
何とか無事に済ませ、いざ機内に。
座席はほぼ満席、私たちの席は真ん中の真ん中、4人シートの中です~(泣)
でも、あの値段だから、乗せてもらうだけ良しとしなければ
贅沢言える義理じゃありません~^^;

機内食はこれ、焼肉弁当みたいなもの。味はまあまあでした♪
もう一つは、帰りの朝食、チキンヌードルです。
ヌードルと言っても、ベトナムのフォーのようなもの米麺です。
こちらもまあまあの味でした。


s-写真00001
s-写真00187

香港着深夜11時半、これからが大変
イミグレーションを出るのに約1時間(泣)
深夜のせいか、窓口が少ない。
対応が非情に悪い、愛想は無いは
パスポートを投げて来るは、もう~~頭に来た~。
周りは、中国人、カナダ人、台湾人、アメリカ人・・・
みんなのパスポートを眺めていた。
色とデザインいろいろあって、中でもカナダのパスポートはセンスが良かったなあ~。
一枚目の見せるところに、綺麗なカナダの景色が印刷されていた。
とても綺麗でした。横からちょと見ただけでしたが^^;

12時半に、送迎の添乗員さんに会って、ワゴン車でホテルへ
私たちの他にもう一組、全部で6人。
ホテルは違っていましたが。
彼らをホテルへ下ろしているいる間に撮った画像です。
深夜1時過ぎだと言うのに、ポテト屋さんは大繁盛
金曜日の夜ですからね^^;


s-写真00002

s-写真00003


この記事のURL | 香港 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。