FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
葉っぱのフレディ
- 2007/10/31(Wed) -
20071031231440.jpg

20071031231453.jpg


「さむいよう」「こわいよう」葉っぱたちはおびえました。
そこへ 風のうなり声の中からダニエルの声が 
とぎれとぎれに 聞こえてきました。

「みんな 引っこしをする時がきたんだよ。とうとう冬が来たんだ。
ほくたちは ひとり残らず ここからいなくなるんだ。」

 フレディは悲しくなりました。
ここはフレディにとって 居心地のよい夢のような場所だったからです。

「ぼくもここからいなくなるの?」

「そうだよ。ぼくたちは葉っぱに生まれて 葉っぱの仕事をぜんぶやった。
太陽や月から光をもらい雨や風にはげまされて 木のためにも他人のためにも
りっぱに役割を果たしたのさ。だから 引っこすのだよ。」
とダニエルは 答えました。

「ダニエル きみも引っこすの?」とフレディはたずねました。
「ぼくも引っこすよ。」
「それはいつ?」
「ぼくのばんが来たらね。」
「ぼくはいやだ! ぼくはここにいるよ!」
とフレディは 大声で叫びました。

アルフレッドもベンもクレアも そのときが来て引っこしていきました。
見ていると風にさからって枝にしがみつく葉もあるし 
あっさりはなれる葉っぱもあります。
やがて木は葉を落として 裸どうぜんになりました。
残っているのは フレディとダニエルだけです。

「引っこしをするとか ここからいなくなるとか 
きみは言ってたけれどそれはーーー」
とフレディは胸がいっぱいになりました。

「死ぬ とういうことでしょ?」

ダニエルは口をかたくむすんでいます。

「ぼく 死ぬのがこわいよ。」とフレディが言いました。
「そのとおりだね。」とダニエルが答えました。
「まだ経験したことがないことは こわいと思うものだ。

でも考えてごらん。世界は変化しつづけているんだ。
変化しないものは ひとつもないんだよ。
春が来て夏になり秋になる。葉っぱは緑から紅葉して散る。
変化するって自然なことなんだ。

きみは春が夏になるとき こわかったかい?
緑から紅葉するとき こわくなかったろう? 
ぼくたちも変化しつづけているんだ。
死ぬというのも 変わることの一つなのだよ。」

変化するって自然なことだと聞いて フレディはすこし安心しました。
枝にはもう ダニエルしか残っていません。

「この木も死ぬの?」
「いつか死ぬさ。でも”いのち”は永遠に生きているのだよ。」
とダニエルは答えました。

葉っぱも死ぬ 木も死ぬ。
そうなると 春に生まれて冬に死んでしまうフレディの一生には 
どういう意味があるというのでしょう。

「ねえ ダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか。」
とフレディはたずねました。

ダニエルは深くうなずきました。
「ぼくらは 春から冬までの間 ほんとうによく働いたし よく遊んだね。
まわりには月や太陽や星がいた。雨や風もいた。
人間に木かげを作ったり 秋には鮮やかに紅葉して
みんなの目を楽しませたりもしたよね。
それはどんなに 楽しかったことだろう。
それはどんなに 幸せだったことだろう。」

その日の夕暮れ 金色の光の中を ダニエルは枝をはなれていきました。
「さようなら フレディ。」
ダニエルは満足そうなほほえみを浮かべ 
ゆっくり静かに いなくなりました。

フレディは ひとりになりました。

次の朝は雪でした。初雪です。
やわらかでまっ白でしずかな雪は じんと冷たく身にしみました。
その日は一日中どんよりしたくもり空でした。
日は早く暮れました。
フレディは自分が色あせて枯れてきたように思いました。
冷たい雪が重く感じられます。
明け方フレディは迎えに来た風にのって枝をはなれました。
痛くもなく こわくもありませんでした。
フレディは 空中にしばらく舞って 
それからそっと地面におりていきました。

そのときはじめてフレディは 木の全体の姿を見ました。
なんてがっしりした たくましい木なのでしょう。
これならいつまでも生きつづけるにちがいありません。
フレディはダニエルから聞いた 
”いのち”ということばを思い出しました。
”いのち”というのは永遠に生きているのだ ということでした。

フレディがおりたところは雪の上です。
やわらかくて 意外とあたたかでした。
引っこし先は ふわふわして居心地のよいところだったのです。
フレディは目を閉じ ねむりに入りました。
 
フレディは知らなかったのですがーーーー
冬が終わると春が来て 雪はとけ水になり 枯れ葉のフレディは 
その水にまじり 土に溶け込んで 木を育てる力になるのです。

”いのち”は土や根や木の中の 目には見えないところで 
新しい葉っぱを生み出そうと 準備をしています。
大自然の設計図は 寸分の狂いもなく
”いのち”を変化させつづけているのです。

          また 春がめぐってきました。


レオ・バスカーリア作
みらい なな訳

【葉っぱのフレディ】より抜粋
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の花 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
わさび山荘
- 2007/10/31(Wed) -
20071031002847.jpg

20071031002900.jpg

20071031002913.jpg

わさび山荘の周りもすっかり秋景色~晩秋??
主を待つブランコが寂しげ~早くお出で!!

今年は、台風の影響か?紅葉があまり綺麗ではありません(涙)
霜も降りたようで・・・ダブルパンチ、だいぶ葉が痛んでしまいました。
一週間もしたらみんな落ちてしまうでしょう。
一面葉っぱの海、かさこそ~かさこそ~♪
浅間山を始め、周辺の山も顔を見せて
これもまたいい感じ~♪

そしてその後は大好きな銀世界が待っている。
なんて素晴らしい嬬恋なんでしょう(*^-^*)
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
たまだれの滝
- 2007/10/30(Tue) -
20071030232421.jpg

20071030232434.jpg

20071030224700.jpg

鹿沢温泉から湯の丸へ向かう左側に【たまだれの滝】という観光スポットがあります。
ここは紅葉の名所、晴れていたら池に映る紅葉が美しいのですが、
今日は雨・・・訪れる人もなく本当に静かです。
傘をさしての撮影は大変でしたが、このステキな景色を一人じめできて幸せです~♪

スライドショーをご覧下さい。こちらです
この記事のURL | 嬬恋 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨粒
- 2007/10/30(Tue) -
20071030224605.jpg

20071030224633.jpg

20071030224619.jpg

霧に煙る雨の日の紅葉もまたいい感じでしょう。
雨粒がこんなふうに撮れるなんて発見です。
最初はカメラに付いた雨粒かな?
と思ったのですが、違いますよね~降っている雨粒ですよね。

スライドショーはこちらです
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雨の日は・・・
- 2007/10/30(Tue) -
27日(土)
台風のためか、昨夜の道路は空いていて、心配した雨にもそれほど降られず、
ジャスト5時間で到着、外は意外なほどに明るく走り易かった。

今回も二度上げ峠でタヌキに出遭った。
動物は夜行性、毎回ここを通るのが楽しみ~♪
今まで嬬恋に来る途中の夜に出遭った動物は、
カモシカ、シカ、キツネ、タヌキ、ウサギ、テン・・・イノシシは朝に

深夜1時、外は暖かく気温11℃、部屋の中はそれより3度低い8℃、
急いで薪ストーブを焚く。すぐに暖かくなり、幸せ~~♪

土曜日は一日中雨、こんな日は、薪ストーブでまったり~~~
ソファーで横になり、持参の本でも読みましょう。


20071030074658.jpg

この白樺は、自然園の池の側にあったのですが、
この前の嬬恋直撃の台風で、バタバタと倒れてしまいました(涙)
真っ白で綺麗な白樺だったので、管理人さんにお断りして頂いて来ました。
山小屋風にアンティークのランプを添えて、いい感じでしょう~(^v^)♪

20071030074736.jpg

20071030074724.jpg

ウサギちゃんは、【スズラン展】のワークショップで私が作成したものです。
初めての冬に、この山荘近くで出遭った思い出のウサギちゃん
彼女?彼?には、2度遭いましたが、毛の色は変化していました。
冬は真っ白、春は茶色に、これは春のウサギちゃんです(^_-)☆


20071030074712.jpg

この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
りんご 〆て1000円也♪
- 2007/10/29(Mon) -
20071029020120.jpg

須坂農協のりんご祭りに出くわしました。
スーパーのレジ袋に詰め放題1000円也
パパさんと二人で一生懸命詰め込んだ甲斐があって、合計39個もありました。
シナノスィート、秋映、千秋、黄林・・・いろいろな種類のりんごが沢山並んでいました。
このコーナーはすごい人気で、特にシナノスィートはあっという間に売り切れです。
私は大きいのを沢山ゲットしましたよ。
嬉しいなあ~、明日から毎日りんご、りんご、りんごです~♪
この記事のURL | 嬬恋 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
こひつじくらぶ
- 2007/10/26(Fri) -
20071026152824.jpg

20071026152840.jpg

見てください!!
この100万ドルの笑顔~~~
月に2回の「こひつじくらぶ」
毎回この笑顔に会いたくて楽しみです (*^-^*)

フォトアルバムの方にも、「こひつじくらぶ2007年・秋1」で
画像沢山をUPしましたのでそちらもどうぞ。
観るのにはID登録が必要ですのでメールを下さい。フォトアルバムへ
この記事のURL | その他 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
セイタカアワダチソウ
- 2007/10/23(Tue) -
20071023162452.jpg

20071023162510.jpg

我が家の隣りの休墾田は【セイタカアワダチソウ】の黄色い海と化しました。
今は綺麗ですが、綿毛の頃が恐ろしい~。
↑の画像は、2階のベランダからです。

【セイタカアワダチソウ】は北アメリカ原産の帰化植物で、
もともとは観賞用に導入されたとか。
一時は花粉アレルギーの元凶と言われたが、それはどうも違うようです。
なんと、高山で出合う【アキノキリンソウ】と同じ属とは驚きです。
そう言えば良く似ている。
あちらは愛でるのに、こちらはどうも好きになれない~~。
私にとっては、マイガーデンに侵入する退治しても退治しても
完全にやっつけられない憎っくきヤツ・・・~(><。).~
でもよく見れば綺麗な花なのですが(^^;)  

最近これに良く似た花を街の花屋さんで見る。
【ソリダコ】と言うそうです。結構な値段が付いている。
一番最初に、この花を見たとき
「あっ、あのセイタカアワダチソウじゃない?」と叫んだものだ。
我が家の前のこのみごとな大群落も花屋さんに並んだら、
立派な商品になるのだがな~~
そうなったら、私は大金持ちになれるのに~(^_-)☆
↓は、ネットからお借りした【ソリダコ】の画像です。


20071023162528.jpg

この記事のURL | 今日の花 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
森の展覧会
- 2007/10/21(Sun) -
20071021195441.jpg

20071021195422.jpg

近くの公民館の庭で行われていた「森の展覧会」へ行きました。
青空の中を一枚一枚素敵な絵を観て歩くのは気持ちがいいものでした♪

この記事のURL | お出かけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
プレクトランサス・ケープ・エンジェル
- 2007/10/20(Sat) -
20071020224941.jpg

20071020224927.jpg

【プレクトランサス’ケープ・エンジェル’ 】南アフリカ原産のシソ科の多年草
2003年頃に初めて日本へ来たばかり、ただ今人気上昇中です。
昨年フリマで別のお花を買ったおまけにもらった花で今年初めて咲きました。
金木犀の側で美しさを競っています。容姿端麗な花です。
とても難しい名前で覚えられそうにないのでここに残しておきましょう。
この記事のURL | 今日の花 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
野の花
- 2007/10/19(Fri) -
デジカメ持って散歩へ、何も無いと思ったら、
こんな可愛い花たちがあぜ道で待っていてくれました。

ヨメナ20071019160541.jpg

イヌタデ
20071019160557.jpg

オオイヌタデ20071019160734.jpg

カワラナデシコ20071019160610.jpg

ミント20071019161723.jpg

ハルジオン
20071019161709.jpg

この記事のURL | 今日の花 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
レンゲツツジ
- 2007/10/18(Thu) -
20071018233821.jpg

この夏に、今までで一番たくさん蕾つけたレンゲツツジ、
来年の春を楽しみにしていたら、
なんと、春を待たずに咲いてしまいました。
せっかく来春を楽しみにしていたのに。。。

桜が咲いたり、あちこちで季節の異変が多く起こっている。
我が家の庭も、春、夏、秋がごっちゃに存在する今年の秋。
この記事のURL | 今日の花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
- 2007/10/17(Wed) -
20071017162904.jpg

20071017162916.jpg

20071017163134.jpg

裏庭の柿が色づいて来ました。
今年も大きな柿の実が沢山~美味しいですよ~(*^-^*)
柿の葉の紅葉も綺麗ですね。
PC遊びの途中、目を上げればこの景色
幸せな午後の時間に感謝です。
この記事のURL | 今日の花 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
マイキュービック
- 2007/10/16(Tue) -
20071016232645.jpg

20071016232707.jpg

20071017005703.jpg

ネット仲間より教えて頂いた画像の加工サイトで、こんな可愛いマイキュービックを作ってみました。
早速、こひつじちゃんたちに送ってあげなくちゃ(*^-^*)


加工サイトは、こちらです
この記事のURL | その他 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ハナビラニカワタケ
- 2007/10/16(Tue) -
20071016142415.jpg

20071016142359.jpg

山荘のすぐ側で、またまた珍しいキノコに出遭った。
【ハナビラニカワタケ】というクヌギやコナラに生えるキノコです。
雨上がりの明るい林の中で、透き通った薄肌色のヒラヒラがはっとするほど美しく光り輝いていた。後で知ったことだが、これはキクラゲの仲間で食用になるとか~w(゜o゜)w おおー残念!
今度行った時に未だあったら食してみよう。
乾燥していたら水に戻せば食べられるそうだから。。。

嬬恋は、キノコの宝庫です。
私は、ここ2,3年の間に、幻のキノコと呼ばれる【ハナビラタケ】【キヌガサタケ】
にも山荘のすぐ側で出遭っている。

ハナビラタケ
kinoko.jpg

キヌガサタケ
kinugasatake.jpg

この時の様子は、2005年9月の嬬恋日記をご覧下さい。こちら
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マムシソウ
- 2007/10/16(Tue) -
20071016132810.jpg

遠くからでもひときわ目立つ、真っ赤な実をつけた「マムシソウ」
マムシソウはサトイモ科の多年草でミズバショウやカラーと同じ仲間です。
別名を天南星(てんなんしょう)とも言い、漢方では薬としても使われている。
花の部分がちょうどマムシが鎌首をもたげている様に見え、茎の模様もマムシのウロコのようだ。薄暗い山の中で突然遭うと、なんとも薄気味悪い花なのだが、こうして真っ赤な実になるとまるで宝石のように綺麗だ。この実は特別にみごとだ。

↓は6月中旬の花の時期
s-E58699E79C9F00015.jpg

s-E58699E79C9F00037.jpg

この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
五味子・ゴミシ
- 2007/10/16(Tue) -
20071016021608.jpg

この実を食べると、五つの味(酸・苦・甘・辛・塩)がすることから、
この名がついたといわれています。
頂いた10年もののゴミシ酒を飲んでも、甘い、苦い、辛い・・・複雑な味がします。
1、2年ものは、苦味がきつくてとても飲めたものではないそうです。
10年ものは、まろやかでとっても口当たりの良い高級酒です~♪

様々な薬用効果があり生薬として使われ、あのユンケルやリポDにも入っているそうな。
種を乾燥するようです。私も食べてみましたが、そのままではちょっと??でした。
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ひたち海浜公園
- 2007/10/15(Mon) -
20071015144017.jpg

20071015143925.jpg

20071015144033.jpg

ひたち海浜公園へ行って来ました。
黄色と白のコスモスが綺麗でした!!
午後4時過ぎ、遊園地で遊んだ後だったのでちょっぴり暗くなってしまう、
綺麗な画像が撮れません。
コスモスは、まだまだこれからです。
お天気の良い日に、また来たいなあ~。

この記事のURL | お出かけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
天然シイタケ
- 2007/10/12(Fri) -
20071012144053.jpg

わさび山荘の門柱に珍しい天然のシイタケがニョキニョキ生えて来ました。
昨年初めてスカイデッキ工事中にビルダーさんが発見して、
その時はわざわざ「干シイタケ」にして届けて頂きました。
今年もまた生えて来ました。嬉しい~(#^ー゚)v


20071012144125.jpg

これも今年初めてデッキの下に生えたキノコ
ナメ茸みたいだけど、食べられるキノコかな???
もちろん、これは食べませんでしたが(^^;) 
よく知らないキノコは怖いです~~~
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ハナイグチ(茸)
- 2007/10/11(Thu) -
小雨降る中、山荘周辺のお散歩の途中で見つけた茸「ハナイグチ」
これは本当に美味しい茸です(^v^)♪
きのこうどん、きのこご飯、きのこ汁・・・
今回は、沢山採ったので十分に堪能しました。


20071011113632.jpg


20071011113646.jpg


嬬恋からの帰り道でも採ったので、最終的にはこんなに沢山・・・
また来年を楽しみに。。。


20071011114113.jpg

この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
金木犀
- 2007/10/11(Thu) -
今年も綺麗に咲きました。
玄関を開けておくと部屋の中へも香りが漂ってきます。
30数年前、結婚式の打合せで行った神社の境内と同じ香り
毎年、金木犀の咲く頃になると思い出すちょっぴり気恥ずかしい思い出です(^_^;)         


20071011095959.jpg

20071011095944.jpg

20071011095929.jpg

この記事のURL | 今日の花 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
八千穂高原・麦草峠
- 2007/10/09(Tue) -
7日(日)
昨夜は薪ストーブの火守りをしながらそのままソファーに寝てしまった。
朝6時、浅間山をピンク色に染めながら眩しい太陽が二度上げ峠付近から昇って来る。私はこの朝の刻々と移り変わる大自然のドラマが観たくて嬬恋では寝ていられない。今日も5時過ぎからカーテンを開け、今か今かと待っていた。
その間に、山に持って行くおにぎり弁当を作る。

今日は、岡谷のあきさんオススメの紅葉の始まった白駒池へ行こう。
車は順調に走り、嬬恋から佐久を通り、ちょうど2時間で白駒池の駐車場へ着く。ここに最後に来たのはもう30年前になる。
その時は道路脇に小さな駐車場しか無かったけど、
今はすっかり様変わりして、有料の大きな駐車場がある。
近年は、花や新緑、紅葉のシーズンになるとどこも団塊の世代でいっぱいだ。
そういう私たちもその一人だが(笑)

何とか車を止めて、いざ歩き出そうとしたら、
「犬は禁止です。車に置いて行って下さい!」と呼び止められてしまった。
どうしよう? お天気がいいので今日は車の中の温度はすごく上がるだろう?
置いて行くのはかわいそうだ。。。
10時だと言うのに凄い人、さぞかし湖の周りも人、人、人・・・でごった返していることだろう。。。
今日は白駒池はあきらめて、また来年、今度はわさびを置いて朝一番で来よう。

そんな訳で、次の目的地、麦草峠へ向かう。
麦草峠は、佐久の八千穂と茅野を結ぶ国道299号線の最高地点で標高2127m
8月に行った志賀草津道路の渋峠の2172mに次ぐ国道最高地点第2位で、冬は閉鎖される。
ここは湖などが点在する風光明媚な山岳道路、ドイツのメルヘン街道に似ているところからメルヘン街道と命名されている。

縞枯山が良く見える。


20071009181007.jpg


20071009181018.jpg


20071009181033.jpg


20071009180954.jpg


赤い屋根の麦草ヒュッテも懐かしいなあ~~
初めてここを訪れた時は40年前、こんな立派な道路は無かったような・・?
ヒュッテは今年50周年だそうです。

こんな場所で本格的なコーヒーが戴けるなんて幸せ~♪

麦草峠スライドショーはこちらです。
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
浅間山
- 2007/10/09(Tue) -
一ヶ月ぶりの嬬恋へ

6日(土)
着いたのが朝の2時、気温8℃、今日は意外に暖かい。
今回のお土産は、出掛けに届いた秋鯖を私が裁いた【締め鯖】
この時期のサバは脂がのって美味しいです。
前回の秋刀魚の刺身同様、今回も嬬恋の皆さんに喜ばれ嬉しい~♪
行きは魚屋、帰りは八百屋~(笑)

午後は、浅間山を撮りながらキャベツ畑経由で近くの”つつじの湯”へ
露天風呂、サウナ、岩盤浴・・・と2時間たっぷり楽しんで700円とは嬉しいです。
出かける時は、こんなに晴れていたのに、帰りは暗くなっていました。

先ずは、ピーカンの浅間山をご覧下さい。
頂上に見える大きな岩は「千トン岩」と呼ばれています。
わさび山荘からも良く見えます。


20071009033129.jpg


20071009033146.jpg


この景色、北海道の美瑛みたいでしょう。
美瑛には、”セブンスターの木”や”ケンメリの木”とかがあったのですが、
これは何の木??
どなたか、命名して下さい!!


20071009033225.jpg


20071009033211.jpg


キャベツ畑も残り少なくなって来ました。
これが最後のキャベツでしょう。
カラマツが綺麗に色づくのももうすぐ。。。


20071009033200.jpg

この記事のURL | 嬬恋 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ハーブの花
- 2007/10/05(Fri) -
秋風が吹き、ハーブ・セージ類が咲き出しました。
葉をこすると、ほのかに甘いパイナップルや林檎の香りがする。
不思議~不思議~!
”ローズマリー”はこれは別もの、松脂の匂いがします~
家事やPCに疲れたら庭に出て、秋風に吹かれこれらの香りに触れると
良い気分転換になっていいですね~♪

パイナップルセージ

20071005141512.jpg


アメジストセージ20071005141443.jpg


チェリーセージ・ホットリップス(またの名はイチゴミルク)
20071005141410.jpg


チェリーセージ20071005141421.jpg


メドォーセージ
20071005141457.jpg


ローズマリー20071005141432.jpg

この記事のURL | 今日の花 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
季節外れの梨の花
- 2007/10/04(Thu) -
今年の夏の猛暑の影響か台風の塩害の影響か?
春に咲くべき梨の花が、今咲き出しました。
今頃咲いても、実はならないよね~
杏も梨ほどではないけど、チラホラ咲いています。
地球温暖化の影響か、自然界のリズムも少し狂ってきたようです。
今年の冬も暖かいのかな。。。

梨の花  「博愛」「愛情」

20071004121121.jpg

20071004121106.jpg

この記事のURL | 今日の花 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
小さな花たち
- 2007/10/04(Thu) -
夏枯れの寂しい庭にも、よく見ると小さな可愛い花たちが沢山咲いていました。
こういう小さな花を撮るのはとても難しい。
よく観ると、小さいながらもなんと美しく精巧にできているんでしょう。
写真を撮るってステキですね。発見と驚きの連続です。
解る花には、花言葉を添えてみました。

ゲンノショウコ
20071004002612.jpg


露草  「尊敬」「なつかしい関係」
20071004002600.jpg


ニラの花  「多幸」「星への願い」
20071004002627.jpg


シソの花  「善良な家風」
20071004002651.jpg


水引草  「慶事」「祭礼」
20071004002639.jpg


私の大好きな聖書の箇所を紹介させて頂きます。


空の鳥を見なさい。
種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に収めることもしません。
けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。
あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。

あなたがたのうちのだれが、心配したからといって、
自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。

なぜ着物のことで心配するのですか。
野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。
働きもせず、紡ぎもしません。

きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、
神はこれほどに装ってくださるのだから、
ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。
信仰の薄い人たち。

そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、
などと言って心配するのはやめなさい。

こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。
しかし、あなたがたの天の父は、それがみな
あなたがたに必要であることを知っておられます。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

だから、あすのための心配は無用です。
あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。

             マタイ・6-26~34
この記事のURL | 今日の花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
道の駅「北斗星」
- 2007/10/02(Tue) -
美和の道の駅「北斗星」のステキなトイレ
まるで映画館か美術館のようでしょう~♪
用を足すには、ちょっと落ち着かないんだな(笑)

20071002165615.jpg


20071002165602.jpg

この記事のURL | お出かけ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
下町ふれあい通り
- 2007/10/02(Tue) -
ささの湯から道の駅へ向かう途中に、こんなレトロな通りがありました。
雨のためか、通る車も人も無く、ことさら情緒が増しています。
「友の花」どんなお酒なのでしょう~飲んでみたいなあ~
今も造っているのかな?

20071002134020.jpg


20071002134032.jpg


20071002134043.jpg


20071002134056.jpg


20071002134127.jpg


20071002134112.jpg


ベトナムで迷子になった”バッチャン村”を思い出します。
↓バッチャン村
この記事のURL | お出かけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
食事処
- 2007/10/02(Tue) -
20071002132945.jpg

”舌きり雀”のお宿のような民家の食事処
残念ながら、現在は営業休止のようでした。
この記事のURL | お出かけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おだかけ
- 2007/10/02(Tue) -
昔懐かし稲の天日干「おだかけ」
昔は、どこでもこの光景が見られたが、今ではこうして山郷に来ないと見られません。
彼岸花は花の盛りは過ぎていましたが・・・
いつまでも残しておきたい日本の原風景です。


20071002130507.jpg

20071002130400.jpg

20071002130242.jpg

20071002130317.jpg

20071002130423.jpg

20071002130411.jpg

手前は蕎麦畑です。
もう少し早かったら蕎麦の花が綺麗だったでしょうね。残念。。。


この記事のURL | お出かけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。