FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
嬬恋日記⑧ 雨の3日間
- 2011/08/27(Sat) -
19日(金) 雨

嬬恋は、志賀高原から帰ったら、その後は毎日雨・・・
もうすることみんなしたし、あとはゆっくり温泉三昧でも。

他にすること無いので、今日は少し肌寒いので、ロールキャベツを作って、
友人を呼んでカラオケパーティーを(*^^)v
大きなハナビラテケもゲットしたし。
4人で盛り上がりました\(^o^)/
わさび山荘の周りは、誰も居ないので、どんなに大きな声で歌っても大丈夫、
びっくりするのは、野生の動物さんくらい(笑)

ただ、残念だったのは、アルコールのキープが少なかったこと。
最後には、料理用に買ってあったワンカップまで飲み干してしまって、
お酒!お酒!と探し回りましたが、残念ながら出てきません(涙)
今度は、しっかりキープして置かなくちゃ(^^;)
でも、冬の寒さは半端じゃないから、凍らないお酒は?

s-037_20110827130533.jpg

s-CA4NAV85_20110827140650.jpg


20日(土) 雨

ええ・・・と、この日は、何をしたんだっけ?
あ、下の軽井沢へ、お土産を買いに行ったのでした。
あ、違う!
お土産は 最終日でした。

この日は、遅ればせながら、嬬恋の友人の新盆をお参りして、
それから、温泉入りにつつじの湯へ行ったら、
「アサマウォーク」のイベントで沢山の車、
車坂峠から歩くイベントがあったようで、
つつじの湯が最終地点になっていました。
それでは、大混雑だろう?と
その先鳥居峠を越えて、渋沢温泉へ
以前、露天風呂増設の工事をしていたようだから、もう出来上がっただろう?と
それが大外れ、渋沢温泉は、ただ今休業中、
いつ再開するか分かりません(涙)

それなら、ここまで来たのだから、
以前から気になっていた真田の「十福の湯」へ
うわさに聞いた広い広い露天風呂、檜造りの寝湯も最高!
それにナンと言っても、ここで食べたパンの美味しかったこと。
イカ墨カレーパン、最高でした!!
ここは、マグロのカマ焼きなどもあって、食べ物全て味がいいと評判です。
今度ゆっくり来たいです。
山荘から片道1時間、それでも来たい温泉でした (*^^)v
詳しくは、「十福の湯」HPをご覧下さい。

s-003_20110827130455.jpg

こちらは、ネットより拝借

zju01.jpg


21日(日) 雨

嬬恋滞在最終日、降り続く雨・・・
今日こそは、北海道へ送る(蟹のお返しに)小布施堂のお菓子を買いに、
確か、軽井沢のつるや(スーパー)にあったはず?

その前に、いつも行く旧軽の漬物屋さんにも顔を出さなくちゃ。
ここ7年間嬬恋へ来る度、毎回必ず一度は顔を出してる親戚のようなお店です(*^_^*)
最近、楽しいご主人さんが、体調が悪いようで店に出てないのが寂しいかぎりですが。
それでも、他の皆さん、店に近づくと入る前から、大歓迎してくれます。嬉しいですね!

s-017_20110827130534.jpg

お母さんのいつもの笑顔が素敵です。

s-013_20110827130454.jpg

これは、野沢菜の天ぷらです。
揚げたてをご馳走して頂きました。それに、沢山「あとで食べな!」とお土産にまでも(^^;)

s-014_20110827130454.jpg

この刺身蒟蒻、自家製の味噌だれが絶品!
今度、秘伝の作り方教えてくれるそうと、でも、味噌が決めてよね(^^;)

s-015_20110827130454.jpg

こちらは、夏限定?の胡瓜バー、今回初めて見ました。
ふたりに1本ずつ「かじって行って!」とプレゼントされました~♪
この後、胡瓜かじりながら、旧軽をウィンドショッピング(笑)

s-011_20110827130454.jpg

路地には、こんなお店も

s-018_20110827130534.jpg

s-020_20110827130534.jpg

s-021_20110827130534.jpg

つるやで買い物して帰りました。
峠道、下り車は大渋滞、皆さん、大変だなあ~!
今日も温泉は、ゆっくりできるつつじの湯、
時間が遅かったので、ほぼ貸しきり状態でした~♪

この続きは、嬬恋日記の前のブログへ
これで、8月の嬬恋滞在日記は終了です。
皆さん、お付き合いありがとうございました m(_ _)m

スポンサーサイト
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記⑦ 志賀高原トレッキング
- 2011/08/26(Fri) -

18日(木)晴れ
今日は一日志賀高原をトレッキング~
お天気もピーカンで無くうす曇りでちょうどいい~♪
先ずは、朝温泉の後、朝食前にひと歩き
往復1時間の渋池まで行ってみましょう!
ここは以前一度行ったことがあるので、道は知ってる。
ホテルのすぐ前に、前山リフトがあるのだけど、この時間ではまだ動いていない。
昨日少し歩いた登山道をせっせと登る。
↓の画像、中央がホテルハイツです。

s-188_20110826180031.jpg

渋池

s-171_20110826180031.jpg

中央の山は、昨日登った横手山

s-179_20110826180031.jpg

s-159.jpg

木戸池
ここに車を置いて、ここから志賀自然路を歩きます。

s-221_20110826180030.jpg

キャンプ場に来ていた親子が、池の鯉に餌をあげてます。
上のキャンプ場に3泊しているとのこと。
標高が高いので、夜は寒いくらいだと。

s-225_20110826221023.jpg

数あるトレッキングコースの、今日は「自然探勝コース」を歩きます。
標高差160m、木戸池から出発なので、ほぼ下り、これが大正解!
反対コースはほぼ上り、大変そうでした(>_<)
規定のコースより延長、琵琶池停留所まで歩いたので、全部で5kくらいかな。

image_20110826224234.jpg

田の原湿原、
ここは何度も来ているけど、いつも反対側から。
こちらからの景色は初めてです。

s-246.jpg

s-282_20110826221022.jpg

s-273_20110826221022.jpg

s-288.jpg

s-289_20110826221117.jpg

s-CAB6E4E1.jpg

ここからしばらく原生林の中を歩きます。

s-300_20110826221117.jpg

s-309.jpg

s-306_20110826221117.jpg

先客がいました。この方、草津に別荘を持っていて、時々ここに上がって来て、
そしてこうして、ここで日がな一日この池を眺めているとのこと。
なんて優雅でしょう。私も今度、そうしよう!
敷物を広げてくれて、私たちもしばらくここで一緒に寝させてもらいました。
気持ち良かった~(^_-)-☆

s-318.jpg

s-317.jpg

下の小池

s-338.jpg

ここから、眺めの良いスキー場を下ります。

s-355.jpg

ヤナギラン

s-356.jpg

s-376_20110826222024.jpg

s-380_20110826222152.jpg

ランチはここで、
私はソースカツ丼、パパさんはカツカレー、
半分ずつシェアして、どちらも美味しかったo(^-^)o

s-384_20110826222152.jpg

丸池
いつもの反対側(山側)を半周しました。
昨年、紅葉が一番綺麗だったところです。

s-385_20110826222151.jpg

アサギマダラに逢いたい!逢いたい!と願っていたら、
最後の最後に出逢うことができました\(^o^)/

s-402.jpg

全て叶えられた素敵なコース
もう思い残すこと無く、ここからバスに乗れます。
また、秋の紅葉時期に歩きたい!
あ、今年の紅葉は東北だから来れないから、来年だ。春も良さそう~。

s-424.jpg

木戸池に戻り、渋峠を越えて群馬県へ戻ります。

s-430.jpg

万座の温泉で、疲れをとって・・・
豊国館の女性専用露天風呂と内風呂
どちらも貸しきり~♪

s-452.jpg

s-450_20110826222233.jpg

ホタルも観れたし、楽しいハイキングもできたし、大好きな万座の温泉にも入れたし、
大満足の1泊2日の志賀高原でした。
この後、嬬恋は4日間雨降り続きでした。
本当に何から何まで、神様のお恵み、感謝なことです。
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記⑥ ほたる温泉
- 2011/08/26(Fri) -
ホテルのチェックインには、まだ1時間もある。
近くの木陰で涼みましょう。
先ずは、今晩ホタルも観に来るゲンジボタル生息地をリサーチすることに。

志賀高原のゲンジボタルについては、こちらの志賀高原自然保護センターのHPをご覧下さい。

奥に見えるホテルが「石の湯ロッジ」
今度はホタルの一番多い7月中旬にこのロッジに泊まって観てみたい。

s-106_20110826145800.jpg

この川に、メダカやカワニナが沢山生息、
しっぽの赤いグッピーみたいな綺麗なメダカもいました。

s-113_20110826145759.jpg

赤とんぼの赤も鮮やかです!

s-110.jpg

温泉の吹き出ている場所がありました。
湯の花がいっぱい、熱いです!!
以前ここで、湯の花採集したことがあります (*^^)v

s-116_20110826145759.jpg

引き湯している小さなお風呂、誰が入るのかな? (^_-)-☆

s-114_20110826145759.jpg

3時ちょうどにチェックイン
今回の宿は、↓志賀高原 ほたる温泉「ホテルハイツ
ゲンジボタルを一度観たくて、それなら、ここに泊まらねば
なんと、トクーポンで4850円(温泉税込み)
このシーズンに申し訳ないくらい (^^;)

s-120_20110826145846.jpg

温泉も独り占め 内湯

s-207.jpg

露天風呂

s-214_20110826145906.jpg

源泉は、この「ほたる温泉」
画像は5月です。

s-306_20110831182859.jpg

夕食には、まだしばらく時間があるので、ホテルの周辺を散策
パパさんは、部屋でひとりビール (*^^*)
渋池へ上がる登山路から、笠岳を眺める。

s-126_20110826145846.jpg

s-141_20110826145846.jpg

夕食は、豪華で無いけど、私たちにはこんな程度ちょうどいい (*^^*)v

s-146_20110826145846.jpg

こちらは、朝ごはん

s-206_20110826145846.jpg

hotaru2.jpg
contesthotaru2.jpg

ホタルの画像は撮れないので、石の湯ロッジさんのHPより拝借

なんとラッキーなことに、このホタル鑑賞は、
偶然知り合ったホタル博士のレクチャー付き\(^o^)/
その人大宮在住の赤木勇氏 
こちらに、彼のHP「ほたるの一生」が載ってますので、興味のある方は見てください。

レクチャーの中で、覚えていること。
・高く飛ぶのは雄のホタル、雌は草の葉の裏などでじっとしている。
・ホタルの一番飛ぶ時間は、7時~9時 時間を追って、光も強くなり、だんだん高く舞い上がる。
 6mも高く飛ぶこともある。

彼は、幼稚園などで、子どもたちにホタルを見せたり、出張講師でいろいろ活動していると。
昼、子どもたちに、光るホタルを見せるためには、暗い箱で飼育し、昼夜逆転させるとか。
楽しいお話をいろいろ教えて頂き、思いがけなく、中身の濃いホタル狩となりました。
こういう素敵な出会いを用意してくれた神様に感謝です。

ホテルの近くでも、ホタルを観られたようですが、ほんの数匹だったよう。
私たちは、石の湯まで出かけて良かった!
そのために、パパさんは、夕食時にビール飲めなかったけど(^^;)

実は、このホタル狩で大失敗、
↑のホタル橋で、真っ暗中、バッグからカメラを出そうとして、
フラッシュ焚かなければ撮影いいかな?と思って、でも、やめました。
その時に、携帯を落としてしまったのです。
ホテルへ帰って気づき、急いで戻り、近くから携帯を鳴らしたら、
なんと、拾った方が出てくれて、数分後に無事に戻って来ました。
拾って下さった方、本当にありがとうございました。
そして、全てのことをよくしてくれた神様に感謝です。
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記⑤ 草津「武具脱の池」&横手山
- 2011/08/26(Fri) -
17日(水)晴れ
今日は、ゲンジボタルを観に志賀高原「ほたる温泉」へ泊まりに。
草津を経由して、以前から気になっていた小さな湿原へ寄ってみた。

武具脱の池(モノヌグノイケ)
源頼朝に追われた木曽義仲の残党が、武具を脱ぎ捨てたという伝説から武具脱の池と呼ばれています。
また、その形からヒョウタン池の愛称でも親しまれている、殺生河原下の小さな池です。
春のシャクナゲ、夏のワタスゲ、初秋のリンドウや紅葉が綺麗です。
(草津観光ページより抜粋)

場所は、↓の殺生ヶ原手前のロープウェイ駅のすぐ下です。

s-063_20110826142129.jpg

ワタスゲの名残くらいしかありません(涙)
ススキは、綺麗でした!
リンドウは、まだ色づいてません。
あと2週間?

s-048.jpg

s-045_20110826142129.jpg

s-061_20110826142129.jpg

モウセンゴケを発見

s-057_20110826142129.jpg

観光客の多い白根山を横目に見て、いつも寄る国道最高地点も今日はパス
もうひとつ、気になっていたところ、横手山にリフトで上がることに。
カラッと晴れていないので、アルプスは観えないだろうけど、
今日は時間があるので上ってみましょう。
ニッコウキスゲが、まだ綺麗に咲いていました\(^o^)/
でも、咲いていたのはここだけ。
上は、もう完全に終わってました。

s-098_20110826143417.jpg

こちらは、別のリフト、長野県側からのスカイリフト
こちらの方が、展望もよく急傾斜で迫力ありそう?
今度晴れたら、こちらだなあ^^;

s-081.jpg

s-080_20110826143330.jpg

横手山山頂ヒュッテ
ここには、日本一高いパン屋さんがあります。

s-083_20110826143330.jpg

s-071_20110826143331.jpg

標高も高いけど、値段も高い(^^;)
持参して来たおにぎりを広げ食べました。
周辺を散策していたら、霧が出てきて寒くなって来たので下山することに、
山は、この時期、晴れれば暑い! 
霧が出ると寒い、極端です。

s-086_20110826143330.jpg

これから上って来る人は、貸し出し用のヤッケを着ています。
でも、上へ上がっても、何も見えないだろうに・・・

s-095.jpg

下は霧がさほどではありません。
山の天気は、猫の目のよう・・・あっという間に代わります。

s-096_20110826143417.jpg
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記④ ニジマス釣り
- 2011/08/24(Wed) -
16日(火) 晴れ
朝起きて、階段を下りようとしたら、足が痛い!
ふたりとも、やっとのこらさで階段を下りた(>_<)
明日からの志賀高原ハイクに備えて今日は休養日、
それでもパパさんは、庭の枯れ木を2本切り薪作りに精を出す(^^;)

嬬恋の友人から電話あり、これから孫ちゃんたちを連れて遊びに行くと。
6歳3歳の姉妹ふたりだけで、ジジババのところに一週間お泊りとか。
一週間も、凄いなあ~!

早速、わさび山荘ご自慢のハイジのブランコ、くもの巣ブランコで遊ぶ。
楽しい!楽しい!の連発に、こちらまでも楽しくなっちゃう (*^^*)v

s-010_20110824195631.jpg

ブランコの次は、池に行ってニジマス釣り
大きなニジマスが釣れました!!
なんと、ひなちゃん、この魚を自分で針から外せるのですよ~\(^o^)/

s-016_20110824195631.jpg

途中からもうひとりの友人テディーさんも加わって、
楽しいニジマス釣りでした~♪

s-022_20110824195631.jpg

テディー山荘で、釣ったニジマスを早速BBQで戴きました。

s-034_20110824195631.jpg

BBQの後は、楽しい花火です。

s-036_20110824195630.jpg


この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記③ 黒斑山
- 2011/08/24(Wed) -

山荘から車で30分、車坂峠(1973m)に車を置いて、黒斑山に登ります。
「山登りがしたい!」という鈴ちゃんのお母さんのたっての願いで、
「先ずは、筑波山辺りからがいいでしょうか?」
「山登りを始めるなら、最初は絶対に高い山がいい!
筑波山なんてとんでもない。あんな辛いくてつまらない山・・・」
私の山登りは、富士山、北岳、奥穂高・・・と、標高の1番、2番、3番・・・から始めました (^^;)
そして、山の魅力にハマリました。だから、絶対、高い山がいい!
黒斑山なんて最高! だって、2000mまで車で行けるんだもん。
孫の山登り初めは、お隣のもっと楽チンな高峰山(2106m)だったけど、
今日はそれより少し高い黒斑山(2404m)へ

トーミの頭、初めて見た時は、凄い急坂それに崖で、しり込みしたけど、登ってみると案外楽に登れます。
足元に咲く高山植物が綺麗です。それに何と言っても、目の前の浅間山、佐久平まで見える雄大な景色が、疲れを忘れさせます。ここからの登山路は本当に楽しいです\(^o^)/

s-117_20110824184844.jpg

煙の上がる火口が見えます

s-188_20110824184843.jpg

s-173_20110824184843.jpg

やったね!! 登頂おめでとう!!

s-175_20110824184843.jpg

トーミの頭 下から撮影

s-203_20110824184843.jpg

トーミの頭、すぐ後ろは崖
わさびは、よくここから下を覗いていた(>_<)

s-212.jpg

朝の7時から登り始めて3時間弱で黒斑山の頂上へ
下山して山荘へ帰る途中で、友人から電話が入った。
「今、家族で草津まで来ているので、軽井沢へ行く途中にわさび山荘へ寄りたい」と
グッドタイミング! 
4時すぎには、鈴ちゃんたちを送りに軽井沢行く予定でしたから。
少しの時間滞在してもらって、みんなでお茶を。
わさび山荘の自慢のハイジのブランコ、あ、もうひとつのくもの巣ブランコ(S君命名(^^;) )もあるんだ。
みんな子どもに返って、大喜び\(^o^)/

s-003_20110824192526.jpg

4時半に彼らは今日宿泊の旧軽へ
私たちは、鈴ちゃんたちを送って軽井沢駅へ
いや、いや、びっくりしました\(◎o◎)/!
込むだろう?と予想して、中軽経由でなく、白糸の滝経由で下りたけど、
有料道路下りた辺りから大渋滞、全く動かない。
このままじゃ、6時半の新幹線に乗り遅れてしまう・・・
Uターンして、別荘地の中の細い道路を駆使して、でも、ここも大渋滞・・・
何とか6時ちょうどに駅に到着! 間に合いました。

帰りに旧軽の友人の泊まっているホテルへ寄って、お茶をご馳走になって帰る頃7時過ぎには、
あの大渋滞がウソのようにスイスイと。
でも、ハルニレテラスには、まだ沢山の車・・・真っ直ぐ嬬恋へ帰りました。
そして、つつじの湯へ直行、長い一日でした(*^_^*)
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記② 浅間園
- 2011/08/24(Wed) -

15日(月) 晴れ
ゲストの鈴ちゃんに荘厳な山の日の出を見せたくて、4時半に起こしてしまう。
サービス過剰なのは分かるんだけど、でも、やっぱり見せたい (^^;)
葉の無い時期なら、山荘から居ながらにして見えるんだけど、この時期は・・・
そうだ、浅間園へ行こう!
あそこなら360度の展望だ!
山荘から車で10分の浅間園へ
どうにか間に合いそう?
鬼押し有料道路も、まだ無料、帰りは6時5分前に通過で、OK(^^;)

s-035a.jpg

左の建物は、今は廃墟の昔の浅間園の建物

s-039_20110824162008.jpg

西の空には、満月のお月様

s-040_20110824162007.jpg

展望台が新しくなっていました\(^o^)/
いつか、ここで、星空を思う存分楽しみたいと思っているわさびです(^^;)

s-055_20110824162007.jpg

いつもわさびと登った岩、今日はひとりで・・・(-_-;)

s-069.jpg

6時前、誰もいません。

s-073_20110824162038.jpg

六里ヶ原まで、足を伸ばして、ここは浅間山に一番近い道路
右の小山は、小浅間山

s-077_20110824162038.jpg

もう、すっかり明るくなりました。

s-083_20110824162037.jpg

これから、朝食を食べて、黒斑山に登ります!
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記① 浅間大滝
- 2011/08/23(Tue) -
8月14日(日) 晴れ

茨城を朝5時半に出発、水戸経由で嬬恋着10時半、〆て5時間、北関東道のおかげで、これでも近くなりました(*^^)v
今回は、教室の生徒、鈴ちゃんとお母さんが一緒です。

浅間大滝へ寄りました。
さすがお盆休み、観光客が沢山・・・
マイナスイオンいっぱいの滝は気持ちがいい~!

s-018_20110823102814.jpg

s-004_20110823102815.jpg

s-027_20110823102814.jpg

そして開店早々の美味しいお蕎麦屋さん「あさぎり」へ、
午後は、山荘周辺を散歩、そして自然園の池でニジマス釣り、今晩のおかずをゲットしましょう!
初めてのニジマス釣りに夢中の鈴ちゃん、みごとに6匹ゲット!
自分で釣った魚は美味しいね~(*^_^*)

s-032_20110823102814.jpg
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋の野生
- 2011/08/22(Mon) -
8月22日(月) 雨
嬬恋滞在最終日、午前3時、外は雨、今日で4日続きの雨だ。

昨夜、つつじの湯の風呂上り、パパさんを待つ間(昨日は珍しく私が待つ番)
24時間テレビで徳光さんが24時間マラソンに挑戦している。
8時半あと1キロという場面、もう少しでエンディング、ここで観たい。
そこで、レモンサワーをオーダー、湯上りのほてった身体にキュッーと効く~。
そのまま、山荘へ帰って、私は夕飯も食べずにみごとに轟沈。
それで、この時間にすっきり目覚めてしまったのだ(笑)

s-027_20110822212851.jpg

外は雨、気持ちのいい雨音、余熱の残る薪ストーブに小枝を入れて、寒くは無いけど炎を楽しむ。
山荘の一番の楽しみは、この薪ストーブを弄ること。
まず最初に落ち葉を入れて、それから小枝・・・そして、バーナーで火を点ける。
メラメラと真っ赤な炎が揺れだした。それを眺める至福の時。
ただただ、ストーブの炎を見つめるだけで、もう身体中、幸せいっぱいになる。
ここは、嬬恋の山の中、500m周辺には、人気が全く無い。
まして、こんな時間に起きているのは、私と周辺に住む獣たちだけ・・・

一昨日、夜に、ギャァー、ギャァーと凄い声がした。
最初は鳥かな?と思ったけど、あまりに大きな鳴き声、
何度か叫んだその後に、飛ぶのでは無く、森の中をガサガサと走って行く音がした。
何だろう? イノシシは見たことあるけど、あんな鳴き声では無い。
キツネやシカよりは、大きな身体が走って行く音。
何だろう? もしかして、カモシカ? カモシカも山荘の敷地内に現れたことがある。
あとで、カモシカの鳴き声を、調べてみよう。

今までに、山荘周辺で遭った動物、ウサギ、リス、キツネ、シカ、テン、イノシシ、カモシカ、
それに沢山の小鳥たち・・・あ、ニホンミツバチの集団にも、分蜂という巣替え中の真っ黒で大きな蜂の塊、
ブーンブーンと森を劈く凄い音、あの時も、何事が起こったか?とびっくりしたっけ。
一昨日の奇妙な鳴き声もそれに続く不思議な出来事。
ここは本当に自然がいっぱい、不思議なことがいっぱい。

不思議なことと言えば、今回はもうひとつあった。
「大変だ!大変だ!」と突然のパパさんの大声、
一瞬、熊でも出た?と思ったくらい(笑)
なんと、キノコだった。深山でもめったに見ることのできないハナビラタケというキノコ、
形も匂いも舞茸にそっくり、シロマイタケとも呼ばれているよう。
めったにお目にかかれるキノコでは無いらしい。
でも、我が家は、この7年の間になんと3度も遭遇している。

1度目は山荘のすぐ側で、2度目は散歩の途中、そして今回もまた山荘のすぐ側、
このキノコは、カラマツの木の元に生えるようだ。
全体がカリフラワー状で黄白色、大きさは、サッカーボールほどもある。
森の中で、この真っ白な塊を発見した時は、本当にびっくり、大興奮してしまう。
それも3度も。季節はいつも夏のこの時期。
最初は名前を何も知らず、怖くて食べられなかった。
あとで調べて、貴重な名菌と知った。
早速、天ぷら、バター炒め、煮物にして食べた。味はマイタケと全く同じ。

s-033_20110822213702.jpg

大きさ分かりますか

s-034_20110822213702.jpg

天ぷら
s-035_20110822214107.jpg

ニンニクバター炒め
s-CABIJI31.jpg

ストーブの薪が燃えてしまった。外へ出て薪を運んで来なくちゃ。
真っ暗な森の中、雨はまだ降っている。やみそうに無い大粒だ。
まだ4時、薪を足して、もう一眠りするとしようかな・・・

追記 カモシカではありませんでした。
   なんだろう??
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
皆様へ
- 2011/08/13(Sat) -
明日から22日まで嬬恋へ
PCにアクセスできませんので、よろしくお願い致します。
帰りましたら、また嬬恋日記を見てくださいね。
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
EXILE魂
- 2011/08/11(Thu) -
EXILE魂
TBSテレビ毎週日曜日よる10:00から

この番組を観るようになって、それまで???だったEXILEが・・・、
特に、ヴォーカルのATSUSHIさんの歌が好きになりました(*^_^*)



























この記事のURL | 今日の感動 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サラ・ブライトマン
- 2011/08/10(Wed) -
暑い日には、こんな曲を聴いて、涼しくなりましょう!

この記事のURL | 今日の感動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記④ プリンスアウトレット
- 2011/08/07(Sun) -
31日(日)雨
雨のため久しぶりに、プリンスアウトレットへショッピング
考えることは皆同じなのか? 
雨だというのに、凄い人、人、人・・・
アウトレット嫌いのパパ、今日は珍しくあちこちウィンドショッピング、
11時から3時まで、イーストからウエストへ移動したりして4時間も滞在しちゃいました。
おかげで、帰り駐車場から出るだけで、歩けば5分のところを45分もかかって大泣きするはめに(-_-;)

s-251.jpg

s-252_20110807160603.jpg

思い出すなあ~わさびと一緒に来た日々を・・・
その時は、いつもパパさんは、ここでこうして待っていたんだ(^^;)

s-255.jpg

s-262.jpg

s-256_20110807160635.jpg

夏休みだというのに、広場も閑散として

s-245.jpg

ここも、晴れていれば、子どもたちが大勢・・・遊具が寂しく・・・

s-243.jpg

やっとこ4時前に駐車場を出ることができ、その後、ハルニレテラスの丸山珈琲でコーヒーを買い、
今日の温泉は、ホテル1130へ、
今回は予定外の行動で嬬恋まで来てしまったけど、雨でも何でも楽しい~!
朝晩の気温17℃と寒く、薪ストーブが焚けたのは一番楽しかったです(^_-)-☆
次の嬬恋行きは、14日~です。
この記事のURL | 嬬恋 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記③ 阿弥陀堂
- 2011/08/07(Sun) -
つまごい祭りを見学の後、この春からずっと気になっていた阿弥陀堂へ行ってみることに、
ちょっと分かり難い場所でしたが、何とか見つけました。
三原から万座方面へ向かう途中の高台にあります。

s-236_20110807140201.jpg

民家の軒先を上って行きます。

s-209_20110807140119.jpg

一番高い場所に、赤い屋根の阿弥陀堂が見えました。

s-232_20110807140202.jpg

畑の側を上ってみると、なかなかいい雰囲気・・・

s-211.jpg

石仏群が草に埋もれて・・・

s-225.jpg

s-216_20110807140119.jpg

正面崖下は、JR万座鹿沢口の駅

s-218.jpg

s-220.jpg

s-233.jpg

s-240_20110807140201.jpg

s-208_20110807140120.jpg

s-206_20110807140831.jpg

6月に訪ねた北信濃の阿弥陀堂の方が、場所や雰囲気は良かったのですが、
こちらは、現在も実際に役目を果たしている阿弥陀堂、村人の生活の匂いがしました。
帰りに、弘法大師が発見し、源頼朝が愛飲したという清水で、のどを潤し山荘へ
その後は、つつじの湯で、半日のんびり温泉三昧でした~♪

6月の信州の阿弥陀堂(映画ロケ地)レポはこちらです
この記事のURL | 嬬恋 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記② つまごい祭り
- 2011/08/07(Sun) -
つまごい祭り TSUMAGOI Summer Festival(今年度花火は中止です)
●日にち:30日(土)
●場所:東中学校校庭 など
●内容:毎年7月の最終土曜日に開催される嬬恋村の夏のビックイベント。
ますのつかみ取り・キャラクターミニーショー・コンサートなど
いろいろなメニューで子どもから大人まで楽しめるイベントです。
また夜空を彩る2000発の花火は迫力満点です。

心配していた雨も上がり、予定通り祭りが行われました。
嬬恋の友人夫妻は、スタッフで参加、早速、彼女おススメのキャボス会議C級グルメの食べ歩き、
500円のチケットを買うと、数あるグルメの中から4種類食べることができます。
2枚買ったので合計8種類の食べ歩きができました(*^^*)v
食べた中で一番美味しかったものを選んで投票します。

s-189.jpg

s-190_20110807130752.jpg

キャベツおにぎり

s-191_20110807130752.jpg

s-188_20110807130753.jpg

ホテル1130、グリーンプラザの他に、嬬恋高校、その他んなグループが出店
↓は明大生たち

s-199.jpg

こちらのブースは、お馴染みのたこ焼き、いか焼きなど・・・

s-196.jpg

舞台では、勇壮な太鼓の披露、この他にバンドの演奏なども
村の人口が少ないから、こんなに少ない見物客?
ちょっぴり、寂しいお祭りでした。

s-195.jpg

s-193.jpg

ぐんまちゃんとツーショット (*^_^*)

s-201_20110807130831.jpg

2011年7月1日~9月30日 「ググッとぐんま!」群馬デスティネーションキャンペーン

ぐんまDCとは
JRグループ6社と地域(地方公共団体や県民・企業等)が一体となって取り組む、
全国から誘客を図ることを目的とした国内最大規模の大型観光キャンペーンです。
対象地域(デスティネーション:目的地・行き先という意味)の観光資源を掘り起こし、
JRグループの宣伝媒体を活用した集中的な宣伝を日本全国で展開します。

「そうだ、京都へ行こう!」の群馬版です(*^o^*)-☆
皆さんも、ぜひこの機会に群馬へお出かけください!

ぐんまデスティネーションキャンペーンのHPへ
この記事のURL | 嬬恋 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記① 散歩
- 2011/08/06(Sat) -
20日(土)
昨夜急に思い立って嬬恋へ来てしまいました。
雨を承知で来たのですが、来る間もそれほど降られず、
朝には上がりました。
今年も、門柱に天然しいたけが、
もうかれこれ、5年以上毎年こうして自然に生えてます。
早速、いただきま~す!

s-173.jpg

別荘地内の散策へ

s-177_20110806100450.jpg

ギボウシの群落がありました。
来春には、ここへ「うるい」を取りに来ようっと (*^^*)v

s-179_20110806100450.jpg

s-182_20110806100449.jpg

s-180_20110806100835.jpg

s-184_20110806100511.jpg

池のそばでは、倒れた柳の木の伐採をしていました。
近くに、オオスズメバチの巣があって、管理人さんが周囲に注意書き&ロープを張っていました。
池には水も張られ、ニジマスも放流されて、お盆の釣りが楽しみだなあ~♪
 
s-186_20110806100835.jpg
この記事のURL | 嬬恋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
江戸東京博物館② 常設展
- 2011/08/04(Thu) -
常設展示室は、「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成され、浮世絵や絵巻、着物、古地図など約2,500点、大型模型など約50点あまりが展示されています。5階と6階が吹き抜けになった、約9,000㎡の大きな展示室を生かし、綿密な調査研究を踏まえて実物大に復元した大型模型などが展示されています。また、当時の人びとが、実際に使っていた実物資料も豊富に展示しており、江戸東京の都市と文化、そこに暮らす人びとの生活を楽しみながら学ぶことができます

江戸日本橋界隈に賑わい(ジオラマ模型)
s-059_20110804125428.jpg

当時の大きさに復元された日本橋、以外に広いので驚きました。
s-055_20110804125429.jpg

江戸時代、芝居小屋では大名も庶民も日常を忘れて歌舞伎の世界に心を遊ばせました。
この模型は代表的な歌舞伎の芝居小屋である中村座の正面部分を、原寸大(間口11間、奥行3間)で復元、
芝居小屋がもっとも華やかな装いをみせる毎年11月に行われる顔見世興行を想定して作成しています。
右手に掛かる絵看板は元禄期以来芝居絵を専業とする鳥居派の技を継承する九代目鳥居清光の筆によるものです。

芝居小屋 中村座
s-051_20110804125433.jpg

江戸歌舞伎の伝統衣裳
s-097.jpg

s-098.jpg

今回の一番の発見は、この勝海舟の写真、
ちょっと見、白州次郎ばりの想像以上のハンサムなのにはちょっと驚き(^o^;)
s-111_20110804125515.jpg

「朝野(ちょうや)新聞」は、1874年(明治7)に創刊され、社長の成島柳北(なるしまりゅうぼく)、
主筆の末広鉄腸(すえひろてっちょう)らが新政府を辛辣(しんらつ)に批評し、人気を博しました。
現在の銀座4丁目交差点北西角(和光ビルがある場所)に建てられた朝野新聞社屋のファサードを原寸大で復元。
扉のガラスは当時の製法で作られており、表面に凹凸がみられます。
銀座通りの夜を照らしたガス灯もあわせて展示しています

朝野新聞社 明治10年代
s-054_20110804130811.jpg

「ハイカラさんが通る」で乗っていた自転車ですね(^^;)
s-105.jpg

こちらは人力車
s-107_20110804125515.jpg

<十二階>の名で親しまれた凌雲閣(りょううんかく)は、英国人の技師ウイリアム=K=バルトンの設計による展望塔で、1890年(明治23)落成。浅草のシンボルとして土産絵(みやげえ)にも登場し、関東大震災で倒壊するまで多くの人びとで賑わいました。高さは197尺(約60メートル)、建物のなかには世界各国の品物を売る店や休憩室があり、11・12階には、望遠鏡も備えられました

凌雲閣 明治期後半
s-117.jpg

博物館の後は、お隣の国技館をちょっと覗いて来ましょう。
s-147.jpg

あいにく開館時間が終わって閉門されてました。
s-153_20110804125613.jpg

それなら、シーバスに乗って浅草へでもと、船着場へ行ったのですが、
こちらは、満潮のため早仕舞い。残念でした。
s-165.jpg

s-167.jpg

墨田川沿いを両国橋まで歩きました。昔よりは綺麗になったというけど、
まだまだ汚い川、パリのセーヌ河などから比べると・・・(;へ;)
天下の国際都市東京、もう少し何とかならないかな・・・
「夏には、東京へは絶対に行かない」と決めた私だけど、
今日は、雨で涼しいこともあって思い切って出かけました。
でも・・・やっぱり、都会は苦手だなあ~
森が恋しい~! 温泉がいい~!
都会の人混みの反動で、この後水戸から自宅へ帰らず、真っ直ぐ嬬恋へ向かいました(^^;)
嬬恋日記へ続きます。
この記事のURL | お出かけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
江戸東京博物館① 東京の交通100年博
- 2011/08/02(Tue) -
7月29日(金)雨
夏休みの孫を誘って、江戸東京博物館へ行ってきました。HPはこちらです。



JR両国駅から徒歩3分、国技館の隣に位置する。
失われていく江戸、東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的に、
平成5年(1993年)3月28日に開館した。

建物の設計は菊竹清訓で、地上7階、地下1階の鉄骨造構造。
地上部分の高さは約62mで、江戸城の天守閣とほぼ同じである。
隣接する国技館との調和を考え、高床式のユニークな構造の建物になっているが、
東京下町の景観を損ねているとの批判や、激しいビル風を生じさせているなどの問題も抱えている。
また、バブル期に建設したため膨大な維持費用がかかる構造・設備になっている。

5階と6階が吹き抜けの構造になっており、常設展示のほか、年に4、5回の企画展示や催し物などが開催されている。
常設展示室は江戸、東京、通史の各ゾーンに分かれ、絵図、浮世絵などの資料や、日本橋(縮尺1/1)や中村座(縮尺1/1)の複製、長屋の大型模型、可動模型、持上げ可能な千両箱などの展示物が設置されており、城下町としての江戸、庶民の日常生活、火消し、食生活、文化、東京ゾーンでは明治維新、文明開化、東京大空襲などの展示がある。

s-148_20110802211550.jpg

特別展では「東京の交通100年博」を開催
東京タワー建設時代の風景
s-015_20110802212151.jpg

s-016_20110802220757.jpg

s-017_20110802220757.jpg

↑より以前の風景です。このふたり、街に溶け込んで? ないですね(^^;)
s-003_20110802222155.jpg

これも電車?
s-013_20110802212254.jpg

明治5年(1872年)には新橋-横浜間に鉄道が開業し、近代交通の歴史が始まります。これは模型
s-006_20110802212152.jpg

大正12年(1923年)に起きた関東大震災により東京全域は大きな被害を受け、多くの人命が失われました。送電が止まり、軌道も被害を受けて市電は運転不能となり、電車も800両あまりが焼失しました。復旧にはかなりの時間を要することから、市民の足を確保するため東京市電気局はアメリカより自動車を緊急輸入することを決断。震災から4ヶ月後の大正13年(1924年)、到着したフォード社製自動車をもって巣鴨-東京駅間、中渋谷-東京駅間の2系統に乗合バス(愛称:円太郎バス)の運行を開始し、これが都営バスの起源となります。

円太郎バス(実車)
s-010_20110802212151.jpg

都電黄金期の代表格である都電6000形(実車)
私は昭和30年代の小学生の頃、毎年夏休みには祖父と一緒に東京の叔母の家に滞在してたので、
この電車には何度も乗りました(^^;)
s-049_20110802212255.jpg

一般の収集家が保存してとのこと。当時のまま、綺麗な状態です。
懐かしいなあ~!
s-036_20110802212254.jpg

映画「3丁目の夕陽」のロケセット
s-023_20110802212151.jpg

函館市企業局ササラ電車(旧東京市電ヨヘロ1形)、
s-047_20110802212254.jpg

交通博の後は、いよいよメインの常設展示場へ
この記事のURL | お出かけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なでしこジャパン
- 2011/08/02(Tue) -
遅ればせながら・・・

なでしこジャパン、優勝の瞬間、仕事でベルギー在住の甥が突然大写しになったのには驚きました(*^o^*)
それも、2度も、嬬恋のテレビは小さかったので、家に帰って録画を見たら、確かに甥でした。
ととろさんは、以前、WBCの時、娘さん夫妻を発見したそうな~
世界は狭くなりましたね(^^;)

s-006_20110802200928.jpg
s-004_20110802200928.jpg
s-009_20110802201028.jpg
この記事のURL | 今日の感動 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
- 2011/08/02(Tue) -
山梨の友人より、美味しい桃が届きました\(^o^)/
大きな大きな桃です。
あかちゃんの可愛いお尻のようです~!
昨日、スーパーで買って来たのと並べてみたら、まるで親子 (^^;)
毎年、このスペシャル桃が届くのを、今か今かと楽しみ待ってます。
E子さん、ありがとう!

s-014_20110802195508.jpg

s-015_20110802195508.jpg

s-018_20110802195507.jpg
この記事のURL | 今日の感動 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
上高地
- 2011/08/02(Tue) -

7月20日(水)曇り
安房トンネルを越えて上高地へ
上高地は、乗用車では乗り入れができません。
沢渡へ車を置いてタクシーで、4人だとバスで行くのと同じ値段です(^^;)
「台風の影響で中央高速道が一時不通、特急も数本運休、今日はお客さんが少ないです」
と運転手さんが言う。ラッキー!\(^o^)/
空も、雨があがり、雲が切れてきました。

大正池
s-305_20110802191914.jpg

焼岳
s-314.jpg

田代池
s-323.jpg

岩魚? 
s-329_20110802191913.jpg

田代湿原
s-337.jpg

梓川の清流 カモ君がスイスイと流れに乗って遊んでいます(^-^)
s-358.jpg

梅花藻 
s-366.jpg

自動シャッターで撮りました(^^;)
s-387_20110802194158.jpg

ウエストン碑
s-408.jpg

s-409.jpg

お馴染みの西糸屋さんで昼食
s-438.jpg

河童橋
s-447.jpg

お天気もまあまあ~、上高地初めての友人夫妻も喜んでくれて久しぶりの上高地に大満足の半日でした。
また、9月に来よう!っと(*^_^*)
これで今回の奥飛騨温泉日記は終わりです。

PS:私の上高地初体験は1968年、その時の写真がこちらにあります。
この記事のURL | 長野・新潟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。