FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大腸に悪性腫瘍
- 2016/10/30(Sun) -
8月中旬から便に血がつくことがあり、最初は痔かな?と思っていた。

9月10日(土)
心配になり、近くのかかりつけの病院へ。
「大腸に腫瘍があるので大きな病院で詳しく調べてもらってください」と宣告される。

12日(月)
紹介状を持って近くの労災病院へ。
内視鏡検査を29日(木)に予約して来る。
13日から17日まで西表島へ行く予定があって、この時点ではどうしようか?迷っていた。

13日(火)
早朝6時半の飛行機なので3時に起床。
外は台風の影響で雨。この時3つの台風が発生、八重山諸島へ向かっていた。
この天気では行っても海は無理だろうな?
海に入れなければ行く意味が無いと思い、当日キャンセルすることを3時半に決定。
成田~那覇の飛行機はジェットスターの格安チケットなので払い戻し無し。
まあ、行きは1990円だからいいか、でも帰りは10600円 どうしよう?
那覇~石垣はANAなので、こちらはチケット代の60%が手数料で4000円ほど返金されることに。
ジェットスターはキャンセルは出来ないけど、3600円の手数料を払えば変更はできる。
29日に内視鏡検査をして、その時に摘出できたらすると言っていたので、11月になれば大丈夫だろう?と思い、1日(火)~5日(土)に変更することにして、帰りの便を5日に変更。
石垣、西表までは行かないで座間味島に行くことにした。
ととろさんが座間味の海は綺麗だと言っていたので凄く楽しみ~♪

石垣と西表の民宿にキャンセルの電話をする。
「台風だから仕方が無いですね。海は一週間ダメですから。」と気持ちよくキャンセルを受け入れてくれた。
この時、治療している歯も痛くなって、様子を見ていたのだけど、前の晩から更に悪化、このまま行っても西表に歯医者はあるかな?そういう心配もあった。
でも、当日キャンセルして大正解、最大の台風が石垣島を直撃、テレビのニュースで見る。
17日の石垣から乗る予定の朝一の便は欠航でした。行ったら帰って来られなかった・・・

22日(木)
教室を終えた後、嬬恋へ。25日まで滞在。
24日~25日に、パパさんの甥夫妻が山荘に来てくれた。
1日(土)土浦の花火大会あるので来ませんか?と誘われたが、あいにくその時は入院予定、残念!

29日(木)
労災病院で内視鏡検査。
みんなは「痛くないよ」と言ってたけど、痛いのなんのって、死ぬ苦しみでした。
幸い側で世話をしてくれた看護婦さんが依然通って来ていた生徒のお母さんだったので、口に濡れガーゼを咥えさせてくれたり、献身的に面倒をみてくれて助かりました。後で聞いた話ですが、開腹手術の経験の有る人は腸が癒着している部分があるので痛いと知る。なにわともあれ内視鏡検査、頑張りました。
腫瘍は1~2センチくらいと少し大きかったのでその時は摘出できず、後で外科手術で摘出することになった。
良性か悪性かを判断するために組織の一部を採り検査へ。
29日~1日までのポリープ摘出入院手術がキャンセルになったので、土浦の花火大会に行ける!
早速甥夫妻に電話をする。

10月1日(土)
土浦の甥のアパートでパパさんの実家の兄家族と合流、総勢9人、昼過ぎに集まり賑やかなパーティー。
アパートは花火の打ち上げ場所のすぐ近く、2階なのでベランダからは花火の桟敷席も見える絶好のポジション。
出店の沢山並んだ土手を見学、雨上がりなのでぬかるみがあり、みんなその上にシートを敷いて、数時間も座って場所を確保している。大変だなあ~。
私たちは、花火の打ち上げ前に持ち寄りのお赤飯、焼き鳥、煮物、美味しいお店の特大エビフライ・・・などで大宴会~♪
6時半、さあ、いよいよ花火大会開催!!
土浦の花火大会は、普通の花火大会とは大違い。
全国花火師たちのコンテストなので、その迫力と言ったら物凄い。
6時半から2時間、休み無くスターマインと大玉が打ち上げられる。
数十年前に一度、生命保険会社さんの招待で、桟敷席で観たことがあって忘れられなかったが、それがこうしてみんなでこういう形でまた観られることになって幸せ~♪
花火の後、渋滞で帰れないので11時過ぎまでみんなでマージャンをして、時間をずらして帰って来た。
来年もぜひまた観たいと思ったけど、甥夫妻は来春から上海の方へ転勤なので、今回が最後見納めです。
 
2日(日)
夕方、奥さんが産気づいたと息子から電話があって直ぐに水戸へ向かう。
私たちは2歳の長女のお守り役です。

3日(月)
早朝3時に男子誕生。
病院へ顔を見に行き、午後教室があるので帰る。
入院中は息子は休みをとっているが、いろいろ大変なので手伝いに行く。

4日(火)
再度手伝いに行く。

6日(木)
教室なので一旦帰る。

7日(金)
再々度手伝いに行く。

8日(土)
昼頃、無事に退院したのでお役御免で帰宅。

13日(木)
検査結果を聞きに病院へ。
ガ~~~ン!
皮膚がんの疑い有りで、更に詳しい検査をしているので結果は25日(月)に延期。
大腸に皮膚がん?
ネットで調べたら有りました。「悪性黒色腫」という癌が。
どうかそれでありませんように・・・

25日(月)
結果を聞きに病院へ。
ガガガ~~~ン!!!
病名は「悪性黒色腫」と言う皮膚がんでした(涙)
皮膚がんは、骨やその他に転移し易い性質の悪い癌とのこと。
腫瘍を摘出して詳しく調べてみないと分からないけど、癌細胞が粘膜で留まっていれば腫瘍を摘出すれば大丈夫とのこと。
どうぞどうぞ粘膜で留まっていますように・・・

30日(土)
午後に入院、明日手術です。

1日~5日の座間味行きは、やっぱりキャンセルになりました。
「座間味が逃げない」来年の良い時期に行くことにしました。

以上ここ2ヶ月間の悲喜こもごものご報告でした。





スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬬恋日記
- 2016/10/30(Sun) -
9月7日
嬬恋からは日曜日の夜に帰りました。
家に着いたとたん、「暑い!!暑い!!」
下界の暑さを再認識させられました。
嬬恋では半そででは寒く、ストーブも焚いていたというのに。
夜の気温15度、日中は18~22度、お天気も良くなかったせいか涼し過ぎました^^;
今回も遠出はせず、別荘地内の池で毎日ニジマス釣りを楽しみました。
土曜日に、湯の丸高原の大好きな場所、桟敷山のお花畑へ行ってみました。
リンドウやマツムシソウ、オミナエシ、ワレモコウ、ハクサンフウロ・・・など、思いがけず、沢山の花に逢えて嬉しかったです。
ヤナギランの真っ赤な葉っぱも沢山、志賀高原やアサマ2000まで行かなくても、ここで沢山の花に逢えるなら、嬬恋へ来たら一度は必ずここへ来ようと思いました。
帰りは、鹿沢温泉紅葉館で温泉に入って来ました。

日曜日は、愛妻の丘でのイベント「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」をちょっと覗いて来ました。ゆうこさんが出店しているのでその応援も兼ねて。
山荘周辺は雨だったのですが、なんとイベント会場周辺は青空が覗いていてびっくり!
同じ嬬恋でも、標高やその他でお天気がいろいろです。台風の影響で雲の動きも活発なせいもあるのでしょうが
この記事のURL | 嬬恋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。