スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
嬬恋日記
- 2016/11/30(Wed) -
17日(木)
教室を終えてから夜に嬬恋へ
毎年恒例のりんご狩で、土日に1泊で友人夫妻が嬬恋に来てくれる。

18日(金)
お天気最高、こんな日のりんご狩はいいなあと思うけど、それは友人が来てから。
暖かで風もなく、山歩きには最高の天気だけど、まだ術後中なので自粛です。
それでも気持ちのよい良いお天気。
せめて、山の空気を吸いたいとバラキ湖へ行ってみた。
季節はずれの山の湖は、だあれもいない。私たちの貸切です~♪
一時間ほどかけて湖を一周しました。
これからいつまでこういう時間が持てるかなあ~とちょっとナーバスになりながら・・・

119.jpg

121.jpg

早い時間に温泉「つつじの湯」へ
そこで素敵な出会いがありました。

ウィークディー昼過ぎの露天風呂は誰も居ず、わたし一人、
でもお天気とは裏腹に、わたしの心は沈んでいました。
これでも一応落ち込みましたよ(笑)
浸かり慣れた温泉に身をゆだねていたその時、背後から若い女の子が声をかけてきました。
「気持ちいいですね~。あれは鳥の巣ですか?」
「あれは鳥の巣ではなく、ヤドリギという植物ですよ」
しばしヤドリギの説明をして、その後いろいろ彼女と話しました。
彼女、鹿児島の高校を出て、東京の第一生命に勤務
「お仕事は?」
「走ることです」
「えっ?」
「来週の日曜日に女子駅伝に出ます。今は菅平に今年最後の高地トレーニングに来ていて、今日はオフで温泉に来ました。」
もう何回も菅平に高地トレーニングに来ていると。
「日曜日応援するね。お名前教えて!」
「上原美幸です」
「ああ、なんて覚えようか? そうだ、雑草魂の上原投手で覚えておこう(笑)」
小柄だけど、とっても明るく可愛い子でした。

ふたりだけで20分くらいいろいろ話したかな?
もちろん、わたしの暗い話はせずに、彼女の頑張っていることを中心に。
「それでは」と彼女が先に上がり、残されたわたしは、ついさっきまでの暗い気持ちから一変、爽やかな前向きな気分になりました。
「ずいぶん遅かったね」
「今ね・・・・・」
「その可愛い子、見たよ」とパパさん笑ってました。

この話には 続きがあります。またあとで。

19日(土)
一日雨で、山荘でのんびり。
午前中は、嬬恋在住の友人が来ておしゃべり、
昼過ぎにりんご狩の友人が到着。
温泉は友人リクエストのつつじの湯へ、連荘です(^^;)

夕飯は、わたしが2日間煮込んだ発展途上のビーフシチューと美味しい馬刺し。
山好きの4人、いろいろ話に花が咲きました。

20日(日)
朝から快晴、こんな日は寝ていられない。
早起きして、東の山の上から上がる朝陽を待つ。
浅間山に雪のある時は、日の昇る前に、浅間山はピンクに染まるのだけど、まだそんなに雪が無いのでそれは観られなかった。
それでも、山の朝は気持ちがいい~~!!
この景色も、あと何回観られるかな? 
ここでもやっぱり、ちょっとナーバスに・・・

122.jpg

10時過ぎに山を下りて真田へりんご狩に
嬬恋はあんなに青空だったのに、真田方面に雲海、りんご園は雲の中
りんご狩をしている間に、だんだん雲が取れて来ました。
ふじ、シナノゴールド、シナオスィーツ、ジョナゴールド・・・大箱5個のりんごをもぎました。
今年初めて「名月」という美味しいりんごもゲット!
真田のりんごは標高が高いので、蜜入りでとっても美味しく、みんなに評判がいいのです。

りんごの大松農園

昼過ぎに、早いけど帰路に着きました。
帰りに息子の家に寄って、りんごをおすそ分けして孫と遊んで、明日の東京行きに備えて早めに帰宅しました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 嬬恋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<国立がんセンターへ | メイン | 腫瘍手術摘出>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://wasabimz.blog121.fc2.com/tb.php/325-9588302c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。